1. Home>

過去問の重要性を理解する

もしかしたら、社会保険労務士は過去問が重要だと聞いたことがある方もいると思います。
過去問を攻略できなければ、テキストの知識をどんなに覚えて社会保険労務士に合格できません。
極端に言うと、過去問さえしっかりと勉強しとけば、社会保険労務士に合格できるとも言えます。

ただ、実際は基礎知識がなければ、過去問は解けないので実際は無理ですが、そのくらい過去問は重要なのです。

しかし、いくら過去問が重要だといっても、まだ勉強した事がない人は、中々イメージできないと思います。

そこで、わかりやすく言うと、本試験の問題が過去問だということです。
当たり前といえば、当たり前ですが、実はこの重要性を理解している人は意外といません。

過去10年分くらいの過去問を勉強してもらえればわかりますが、毎年似たような問題がいくつも出ていて、パターン化されています。
そして、その過去問から出題範囲が極端にずれる事はありませんし、問題のレベルもほとんど同じです。
つまり、過去問を解けるようになることは、本試験の問題を解けるように繋がるのです。

しかし、そうはいっても、ただ単に過去問を解いているだけでは、本試験の問題は解けません。
何故なら、いくら問題が似ているといってもまったく同じ問題ではないからです。

従って、多少表現を変えられても問題を解けるくらいの勉強をする必要があります。

例えば、5択の問題があり、1問正解なら、残りの4問は何故間違えで、どこを修正すれば正解になるのか、1問、1問正確に解くことです。

また、最低でも10年分くらいの問題は解いて下さい。
出題ポイントはパターン化されていますが、10年分くらいは解かないと肝が理解できないと思います。

10年分くらいの問題を解けば、本試験での出題傾向や出題レベルがわかるので、本試験で対応できる力が身に付きます。
まずは、このページでは過去問が重要だと理解してくれれば、問題ありません。



≫初学者でも合格の可能性がぐっと高まる勉強法は?≪