1. Home>

社会保険労務士は横断学習が必須

社会保険労務士は、各科目に同じ知識や類似した法律がでてくるので、勉強をすすめていくと頭が混乱してきます。
例えば、保険給付が良い例です。

保険給付は、労災保険や健康保険法に出てきて、それぞれの科目単体で学習していると、どっちがどっちだかわからなくなります。
そうならないために、別々に勉強するのではなく、一緒に勉強することが、横断学習と言います。

しかし、一緒に勉強するといっても、どの知識に横断が必要なのかはじめはわかりません。
また、はじめから横断学習を意識しすぎると、体系的に知識を覚えられないので、全体像を把握できなくなります。

したがって、まず横断学習は無視して、とりあえず基礎知識を覚えてください。
そうしていくと、横断しなければいけない知識がわかってくるので、その時勉強すれば良いと思います。

また、横断学習専用の参考書があるので、それを購入して勉強するのも効果的です。

しかし、この横断学習のはじめる時期には賛否両論あり、はじめから勉強した方が良いという人もいれば、自分が必要だと思った時に勉強すれば良いという人もいます。

それは人それぞれの考え方や勉強のしやすさがあるので、どれが一番良いとは言えません。

ただ、一つだけ言えることは、そんなことは考えずまず勉強をしていく事が重要だということです。

結局のところ、多くの方は横断学習の前に挫折する人が多いので、とりあえず細かい事は無視して勉強を続ける事が重要なのです。
そして、必要な時に横断学習の事を考えれば良いと思います。

強引な言い方をすれば、横断学習は無視で良いと思います。
本当に重要なのはそこではなく、勉強を続けていける忍耐力です。



≫初学者でも合格の可能性がぐっと高まる勉強法は?≪