1. Home>

社会保険労務士の難易度は?

ここまでこのサイトを読んでくれた方なら、社会保険労務士は難易度の高い試験だと理解できると思います。
合格率は、毎年1桁台で、ほとんどの方は不合格になります。
実際に1回や2回不合格になることは珍しいことではありません。

また、社会保険労務士の受験者は、他の資格に比べ学力の高い受験者も多く、その中で合格率が一桁なので、合格するのが大変です。

しかし、そうは言っても合格できない試験ではありません。
もちろん、これからはじめて社会保険労務士の勉強をする方にも言えることです。

ただ、多くの方が合格できないのは、正しい勉強法を行っていないからです。
その典型的な勉強法が独学です。
そもそも、社会保険労務士は独学で勉強するような試験ではありません。

社会保険労務士を独学で勉強するということは、国立大学を学校も塾も行かずに合格するようなものです。

それで、合格できる方は、本当に勉強ができる一部の人だけです。

ほとんどの方は、プロの講師から正しい勉強を学んではじめて合格できます。

だからと言って、独学で勉強するなと言っているわけではありません。
独学で合格した方もいますし、あなたにもその可能性が0なわけでもないと思います。

ただ、そこまで独学にこだわって勉強する理由はあるでしょうか。

社会保険労務士の勉強で重要なのは、どういった勉強をするかではなく、どうすれば合格できるかです。

資格試験は、どんなに勉強して努力しても、試験に合格できなければ誰も認めてくれませんし、価値もありません。

あなたが目指すのは、社会保険労務士の資格を使い、仕事や生活を充実させることで、独学で勉強することではないのです。

資格取得は、あなたの目的に入り口にすぎないと理解してほしいと思います。



≫初学者でも合格の可能性がぐっと高まる勉強法は?≪