1. Home>

社会保険労務士の勉強法の種類

まず、社会保険労務士の勉強法は大きくわけて3つあり、「独学」「通信教育」「予備校」となります。

それぞれの勉強法には特徴があり、どれが良いとは一概に言えません。
しかし、一つだけ注意してほしいのが、自分がこの勉強法なら、合格できると思ったものを選ぶ事です。
当たり前の事のように思いますが、それができない方が非常に多いのです。

例えば、良くあるパターンは、知識がなく勉強があまり得意でないのに、お金を使いたくないという理由で、独学を選らんしまう方です。
確かに誰でもお金を使いたくありませんし、このご時世お金がなければ将来不安です。

しかし、それで試験に合格出来なかったら意味がありません。

皆さんが、社会保険労務士になりたいと思ったのは、将来仕事やお金に関して豊かになりたいと思ったからだと思います。
そうしたことを得ようと思っているにも関わらず、目先のお金にこだわって、肝心な合格を手にいられないでいるのです。
それなら、試験勉強すること自体無意味です。

それに、お金がなければ、安い通信教育を受講すれば良いですし、安くても質も高いところはあります。
重要なのは、どうすれば最短で合格できるのか考えることです。
その上で、自分の生活環境や経済的なことと相談すれば良いのです。

また、勉強法を選ぶに当たり、余計な情報や固定概念は持たないで下さい。

例えば、インターネットの信憑性のない情報を信じて、独学で合格できると書かれていればそれを信じたり、通信教育で合格できないと思ったりなどです。

そうした思い込みが社会保険労務士の勉強法選を失敗させています。

ですから、まずは頭を空にして、このサイトを読み進めて下さい。
社会保険労務士は一部の人しか合格できない試験なので、普通に考えで行動しても合格出来ません。



≫初学者でも合格の可能性がぐっと高まる勉強法は?≪