1. Home>

社会保険労務士試験、1ヶ月前からは?

社会保険労務士の勉強で、残り1ヶ月となったときは、いよいよ正念場の時期となります。 ひたすら自分を信じて、試験の日を万全のコンディションで迎えられるように全力を投入しないといけません。すでに前のほうのページでも多少解説していますが、大事なことのため1ページ使って解説します。


■受験勉強について


これはもう、ラストスパートに入る時期です。 (この時期に入る前からとっくにやっているべきですが)全範囲の見直しや弱点となっている部分の克服をじっくりとやらないといけません。 模試の受験結果を参考にしたり、単発的に受けられる社会保険労務士単価講座を受講して弱点つぶしをはかったりと、やらないといけないことはどんどん見つかるはずです。


■試験日への備えについて


これは意外なくらい、大切です。


・社会保険労務士試験会場の下見

会場に出かける時間がないなら別ですが、本当はやったほうがいいです。特に、試験日と同じスケジュールに沿って出かけるべきです。社会保険労務士の試験日は平日ではありませんから、ラッシュに巻き込まれる恐れは少ないかもしれませんが、それでも余裕をもって到着できる時間帯を計算するべきです。


・毎日のスケジュールの見直し

試験日に慌てて早起きしようと思っても、無理があります。目覚まし時計を使うなどすれば起きることはできるでしょうが、いきなり早起きすると体が思うように動いてくれない恐れがあります。 そこで、ひと月前になったら少しずつ試験日と同じ時間に起きられるように変えていくことがおすすめ。特に、夜間に勉強時間を長めに取っている人は、そのままではよくないでしょう。本番の試験の最中に眠気が襲ってくるようなことは、避ける努力をすべきです。





≫初学者でも合格の可能性がぐっと高まる勉強法は?≪