1. Home>

社会保険労務士の勉強法の基礎講座

社会保険労務士の特徴は、出題範囲が広い事なので、勉強時間が必要になります。
従って、出題範囲を全て網羅する勉強をするのではなく、出題範囲を絞る勉強が重要になります。

しかし、社会保険労務士は各科目に合格基準があり、満遍なく勉強することが求められ、極端に出題範囲を絞る事はできません。
かといって、全科目に力を入れていては、とても1年や2年で終わらせることは難しくなります。

そこで、必要になるのは、過去問で出題回数の多い分野を徹底的に勉強し、そうでない分野の勉強を捨てる勇気を持つことです。

勉強量が多いのに試験に合格できない人を見ると、あれもこれも勉強しようとしています。
例えば、過去ほとんど出題されていないのに、もしかしたらそこも出題されるかも知れないと思い、勉強しようとしてしまうのです。
もちろん、他の事が完璧で、さらに確実に合格を目指すならその勉強をしても良いと思います。

しかし、そんな人は一握りの優秀な人だけです。

ほとんどの方は、時間や知識が足りない中で、勉強をしていなかければいけないので、他の事をやっている余裕はありません。

それに、社会保険労務士の試験は出題頻度の高い分野の勉強をしっかりとしていれば、合格できるようになっています。
余計な分野の勉強に時間を使うくらいなら、毎年出題されている分野の問題を確実に解けるようにしたほうが確実に合格の可能性が高くなります。

つまり、何が言いたいのかというと、余計な勉強をしないで、重要な分野の勉強を徹底的にするということです。
というよりもあれもこれも手をつけていては、合格不合格の前に挫折しています。

従って、まずは重要項目をしっかりと見極め、そこを徹底的に攻略してください。
そうすれば、そこに関連した他の問題も理解できるようになります。

ここでの考えは絶対に忘れないで下さい。



≫初学者でも合格の可能性がぐっと高まる勉強法は?≪