社会保険労務士の独学勉強法のデメリット

社会保険労務士を独学で勉強すると、多くの方は挫折してしまいます。
その理由は、様々な自分の時間を犠牲にして、勉強を続けなければいけないからです。さらにここでは、もっと具体的に解説していこうと思います。

講義を聞けない

まず独学で勉強する場合講義を聴けません。つまり、教えてくれる人がいないのです。 ここで考えて欲しいのですが、皆さんは社会保険労務士のような難易度の高い試験を独学で勉強したことがあるでしょうか? 身近な例で言うなら、大学受験です。

多分ほとんどの方は、学校以外でも塾や家庭教師を使い勉強していたと思います。そこまでして勉強する理由は、そうでもしなければ試験に合格できないからです。

社会保険労務士も試験も同じ事が言えます。しかも、社会保険労務士を受験する方は、学生時代のように多くの勉強時間を割く事は出来ません。その上、独学で勉強するということは、塾はもとより、学校にも行けないということです。 それで合格出来るでしょうか?

良い教材がない

仮にそれでも独学で勉強するとしても、もう一つの問題があります。 それは、市販の教材では良いものがないということです。

そもそも、市販の教材というのは、購入者を合格させることが目的ではなく、学校に通学してもらうか、もしくは知名度を上げるための宣伝です。 そのため、基本的なことが中心で、本当に濃い情報を伝えられません。

100歩譲って伝えられるとしても、市販の教材はページ数や文字数の縛りが厳しく、書けることに限界がありますし、文章だけでは伝わらない事がたくさんあります。

また、テキストだけ内容を理解するには読解力が必要で、それは、昨日今日勉強しただけでは、身に付かず、昔から積み重ねが必要です。

その他にも独学のデメリットはまだまだあります。 ですので、独学で社会保険労務士の勉強をする方は、覚悟をもって望んで下さい。