社労士のおすすめ通信教育ランキング

今注目されている通信教育がいくつかありますか、そこを紹介していきます。

通信教育のフォーサイト

短期間の勉強で合格を目指すなら、フォーサイトが最もおすすめです。

その理由は、出題ポイントを絞っているので、無駄な学習は避けられ、教材の質が高いからです。

教材の質に関しては、通信教育専用に撮影したハイビジョン講義やフルカラーのテキスト、E-ランニングなどが付いていて、他の通信教育では採用されていません。

そのため、他の通信の教材に比べ、学習効果が高くなります。また、教材が豪華のわりに受講料がお手ごろです。

フォーサイト公式サイトはこちら。無料サンプルも申し込めます。

資格のエル・エー

通信教育専門校として、今人気を上げてきています。 特別、特徴があるわけではありませんが、講座がシンプルで逆に勉強のしやすさがあります。

通信教育によっては、あれもこれも様々な教材があり、何をどのように勉強してよいのか迷う事があります。

しかし、エル・エーは、余計な教材がなく、カリキュラムもシンプルなので、迷うことなく学習を続けていけます。それは挫折なく勉強を続けられるメリットとも言えるのです。

しかし、教材はオリジナルではなく、市販のものをベースにしているだけでの、講義のレベルは疑問が付きます。

何故なら、オリジナルのテキストを作るためには、講師の経験や実績が必要なため、誰でも作れるものではありません。 従い、シンプルすぎて濃い勉強ができない恐れもあります。

生涯学習のユーキャン

いわずと知れた通信講座で、最も知名度の高い通信講座といっても良いでしょう! 初級者をターゲットとしていて、わかりやすいテキストや受講生のサポートがしっかりとされています。

例えば、図解やイラストを使ったテキスト、添削指導、受講生同士が交流を深めるSNSなどです。しかし、講義がついていなく、勉強がわからなくなることが多くなるかも知れません。

また、今はオプションで通学講座もあり、通学できない人のためにCD講義も付いていますが、それだったら、予備校に通学した方が良いと思います。

LEC

大手資格学校として有名なLECの社会保険労務士試験対策は、通学講座、通信講座と豊富な講座のラインナップが特徴に。

通信講座では、自宅に居ながらにして看板講師の授業が受けられると評判。

通学メインのスクールである感は否めませんが、大手ならではの分析力、情報ネットワークがウリとなっています。

iDE社労士塾

唯一の社会保険労務士試験対策専門予備校として有名なiDE社労士塾。

実務を見据えた教材はかなり豊富な内容で、制度成立の背景などが詳しく紹介されています。「試験対策としては少々扱いづらい」という意見もちらほら聞かれますが、「しっかり勉強したい!」という受験経験者にはオススメです。

資格の大原

LEC同様、大手資格予備校として有名な資格の大原。

「重要事項を効率良く覚えること」に主眼を置いた教材で、社会保険労務士試験突破の実力を養成します。

通信教育受講生でも自習室が使えるなど、手厚いサポート体制にも定評があります。

クレアール

司法書士や公認会計士、税理士、社会保険労務士といった人気国家試験対策を中心に講座展開するクレアールは、効率重視のオリジナルメソッドで合格を目指すスクールです。

合格に必要なことだけを集中して学べるよう開発された教材群は、受験生の間でも根強い人気を誇ります。