実務経験について

■業務経験は必要

社会保険労務士の求人には、必ずと言っていいほど、「実務経験〇年以上」「実務経験必須」といった文字が付いてまわります。

社会保険労務士事務所の求人でも、一般企業総務部の求人でも、事務系アウトソーシング会社の求人でも同じです。

中途採用の求人市場では、「即戦力」であることが要求されるからで、これは国家資格所持者であっても、例外ではありません。

実際、小規模の社会保険労務士事務所などの場合は、業務の忙しさもあって、社会保険事務も給与計算も未経験である新人に、一から仕事を教えている時間はないのだろうなと思います。

こうして経験が重視される傾向は、就職や転職時の年齢が高くなればなるほど、顕著であると言えます。

■知識とスキルは違う

国家試験の中でも特に、社会保険労務士の試験は、試験内容と実際の仕事がかけ離れています。

ですから、社会保険労務士資格を取ったとしても、それはその人の知識が認められただけで、「資格取得イコール即就職!」というわけにはいかないのです。

特に、給与計算業務などでは、ある意味、“技術”が要求されますので、正社員として就職するには、長めの実務経験が問われることも多いようです。

■仕事を覚える

社会保険労務士登録をするには2年以上の実務経験が必要とされますが、「事務指定講習」を受講することで、2年の実務経験に代えることができます。

しかしこの講習会を終えたからといって、実際は未経験者であることは変わりがありません。開業社会保険労務士志望の人は、未経験者の状態で開業し、実際の業務をこなす中で仕事を覚えていくということも可能ではあります。(かなり難しいと思われますが。)

しかし勤務社会保険労務士志望の人は、何としてでも、どこかで実務経験を得る必要があります。そうしないと安定した就職口を探すことができないからです。

このような場合は、すぐに待遇の良い就職先を探そうとせず、「知り合いがやっている社会保険労務士事務所で仕事を教えてもらう」、「給与計算会社などで、1年だけアルバイト勤務をしてみる」といった方法も考えられます。

せっかく取得した(取得する)社会保険労務士資格なのですから、良い方向に生かしてほしいと思います。

>>何故この方法だと社労士の合格率が高まるのか?